MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›2 13, 2004

京阪奈イノベーションセンター 日建設計

カテゴリー: 京都現代建築 /
1 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

設計・・日建設計 2003
京都府相楽郡

gendai050-1.jpg

gendai050-2.jpg

gendai050-3.jpg

京阪奈学研都市の中心に、自然の中にとけこむようにデザインされた「和」をイメージした低層の建築の中に圧倒的な大空間オフィスが展開されている。オフィスの中央を貫くプロムナードと呼ばれるトップライトからの自然光が降りそそぐアトリウムのような「散歩道」には、両サイドの大部屋方式の執務エリアから、ワーカーたちが階段を降りて集まってくる。そこでは、インフォーマルな交流やコラボレーションがおこなわれ、オフィスコンセプトである「協創」の実現のための象徴的空間となっている。さらに、テラスやラウンジなど人々が自然に集まり、創造性を刺激し合う場を随所に配置するとともに、社内外の頭脳が同居し協業するための専用の「協創ルーム」も備えている。

特徴的な庇と縦のライン(ルーバー?ベランダ?)をみると、お寺を連想させられます。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/107
コメント

 設計は日建設計だと思います。
『建築雑誌増刊 作品選集2005』にも載っていますよ。

たろー at 2009年04月30日 17:29
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?