MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›2 13, 2004

国立国会図書館-関西館 陶器二三雄

カテゴリー: 京都現代建築 /
5 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

設計・・陶器二三雄 2002
京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

gendai049-1.jpg

gendai049-2.jpg

gendai049-3.jpg
下にちょうど閲覧室があります。明かりをここからとってます。他に何か機能あんのかなあ?

gendai049-4.jpg

関西館は、図書館資料の収蔵スペースを長期的に確保し、21世紀の高度情報化社会における情報需要に的確に対応するとともに、関西地域の大型情報提供施設としての機能を果たすことを目的として計画されました。

4階最上階です。4階から木が生えてました。そしてその階に食堂があって、木を見ながら食事がとれます。ちなみにエビフライカレー食べました。食券制です。
食堂だけの利用はできません。食堂へ行くにも一度上の手続きが必要です。

着いた着いた。
入口が道路の高さより1mほど高くなってて、歩道に向かって水が流れ落ちてます。
一歩敷地に入ると、すごい崇高な雰囲気を感じました。
内部はすごい警備が厳重でした。閲覧室へ行くまでには、自分の個人情報を入力して入場券をとります。そして大きい荷物(B5サイズ以上の荷物。)はロッカーへ。それでやっと行けます。国家の中枢へ潜入してる感じでした。(潜入したことないけど。)
見学にあたって、申し込めば図書館の人の説明付きで見学できるみたいです。申し込めば良かった思いました。
詳しくは公式ホームページに載ってます。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/106
コメント

お久しぶりです。

国会図書館の向かいに陶器二三雄氏が設計したフィットネスクラブがオープンしましたよ。

奈良人 at 2006年03月11日 12:46

お久しぶりです。

情報ありがとうございます。図書館の向かいと言えば、飲食店が数軒並んでいた場所ですね。
私事ですが、最近はジムにでも通って体を作りたいと思っていて、興味津々なのです。
非会員でも利用できる「一日体験」というのがあれば、潜入してみようと思います。

pan-o at 2006年03月12日 15:35

ちなみにサイトはこちらです。
 http://www.pinos-k.com/

「施設のご案内」のところに、陶器二三雄氏のコメントがあります。

奈良人 at 2006年03月12日 18:35

このフィットネスクラブ、ただもんじゃあないですね。

pan-o at 2006年03月12日 21:42

 pinosはGマークでもエントリーされてましたよね。

m at 2006年10月24日 00:51
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?