MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›7 30, 2003

国立京都国際会館 大谷幸夫

設計・・大谷幸夫 1966-73-86
京都府京都市左京区宝ヶ池

gendai014.jpg

日本で最初の本格的な国際会議場としてオープンして以来、38年。世界に誇る知的交流と情報発信の場として、常に世界最高水準の設備・サービスを提供し、国際会議場にふさわしい風格と機能を維持、発展させてまいりました。

この建物の大きさには驚かされます。建物の隣にある大きな宝ヶ池の対岸から眺めた時、とてもその存在感を感じました。
また、この建物の日本的なデザインも特徴的です。

あとここって、普段一般の人に公開されてないんですね、入ろうとしたけど、何かの学会らしく、無理でした。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/59
コメント

 この度、BUSINESS CONFERENCEでこの京都会館を訪れました。

FRANK Lloydの建築デザインが好きな私はこの建物のデザインに感銘を受けました。調べてみると日本人の建築家の方で、きっと大谷さんもFrank Lloyd Wright の影響を受けた人の一人ではないかと感じます。http://www.franklloydwright.org/

私は現在、アメリカに住んでおりますが、日本人建築家の活躍が目覚しく目覚しく、これからも世界的に活躍されることを願っています。


Mia at 2006年09月24日 21:20
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?