MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›11 03, 2004

国立国際美術館 Cesar Pelli & Associates

設計・・・Cesar Pelli & Associates 2004
大阪府大阪市北区中ノ島4-2-55

gendai086-1.jpg

gendai086-2.jpg

gendai086-3.jpg gendai086-13.jpg

gendai086-11.jpg

gendai086-12.jpg

1970年の日本万国博覧会開催に際して建設された万国博美術館を活用していましたが、竣工以来30余年が経ち、施設の老朽化などに問題が生じてきたため、大阪・中之島西部地区に、完全地下型の美術館として新築、移転することになりました。
新館は、竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした外観デザインを有し、歴史と文化を継承する中之島における新たな文化の拠点として、今後、みなさまに親しまれる施設となることを目指します。
(一部省略)

gendai086-4.jpg

gendai086-8.jpg

gendai086-5.jpg

gendai086-6.jpg

gendai086-9.jpg gendai086-7.jpg

以前あった場所は、大阪の北の端にあってとても交通が不便で、しかも万博公園内にあることから、美術館に近寄るにも入園料を払わないといけなかったのです。
今まで大阪の美術館といえばもう一つ、天保山のサントリーミュージアム。ここもわざわざ展示会のために天保山に行くのがネックでした。
しかし、今度の中ノ島はアクセスしやすくて(・∀・)イイ!!
さらに2008年には京阪の天満橋から地下を通る中ノ島新線が開通予定なので、京都からも行きやすくなります。その中ノ島新線の各駅もコンペで選ばれることから、今後も要チェックです。
空振りのだらけの大阪の開発も、ここは二塁打くらい狙えそうです。

美術館なのですが、東京にある同じ国立の国立西洋美術館とは真逆でした。
外観はシンプルで内部で感動する西洋美術館。外観に圧倒され、内部は普通の国際美術館。正反対。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/351
title:国立国際美術館
excerpt: 少し前ですが、国立国際美術館がオープンしました。 シーザー・ペリ(Cesar
from: 24歳の勇み足
date:2004.11.17
コメント

前の、国立国際美術館入園料を払わないでも、入館できるようになっていましたよ。

ko at 2005年02月11日 21:39

koさんありがとうございます。
「前の」というのは万博公園にあった時の建物のことですかい?

関西walker at 2005年02月13日 03:01
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?