MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›1 02, 2005

和歌山城

カテゴリー: 和歌山寺社建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

築城者・・・豊臣秀長
和歌山県和歌山市一番丁3番地

和歌山城

和歌山城

和歌山城

和歌山城

和歌山城

和歌山城

天正13年(1585)豊臣秀吉が紀州を統一後,弟の秀長に命じて和歌山城の築城をはじめました。普請奉行には藤堂高虎・羽田正親・一庵法印が任命されました。しかし,築城当時の規模等についてはよくわかっていません。
・・・(中略)・・・
元和5年(1619)徳川家康の第十子頼宣が55万5千石を領して入城,城郭の大改修があり,徳川御三家の居城として,250年に渡り紀州徳川家治政の基を開きました。かくして和歌山城は西国第一の要衝として,その偉容を誇りました。
・・・(中略)・・・
昭和20年7月9日,不幸にして戦災を蒙り,その英姿を一夜にして焼失してしまいました。戦後10余年を経て,再び郷土の象徴として和歌山城再建の気運が高まり,各方面からの支援と協力を得て,昭和33年10月竣工式を行うに至り,再び虎伏山の空高くその雄姿を誇っています。
次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/379
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?