MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›2 10, 2005

文椿ビルヂング

カテゴリー: 近代建築 , 店舗・買物施設 /
1 件のコメント: コメントを書く / 1件の関連記事

設計・・・
京都府京都市中京区烏丸通三条西入る御倉町79

文椿

文椿

大正時代の洋館の趣を残しつつ、私たちOL心をくすぐるショップも数多い「文椿ビルヂング」は10月16日にオープン。1920年に竣工された重厚な建物ながら、足を踏み入れるとそこはモダンなインテリアで彩られたスペースが広がります。反物問屋で栄えた室町界隈、その繁栄を残す染織会社のレトロビル[文椿ビルヂング]が複合施設にリファインした。もともと呉服卸会社として使われていた建物だった。同ビルのオーナーで、呉服卸会社社長の次田幸司は「建物を三条通りを歩く人に使ってもらえるようにしたかった」と衣替えした理由を話す。・・・つづき
公式ホームページはコチラ→文椿ビルヂングHP

文椿

文椿 文椿

文椿 文椿

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/407
title:文椿ビルヂング
excerpt: 旧・西村貿易会社。次田染織株式会社の社屋となったが、現在は様々な種類の店が入るシ
from: 洛北日和
date:2005.07.20
コメント

行ってきました!
呉服や反物問屋で栄えた地域 の名残のような
男の着物屋や、京都で作ったオリジナルファブリックを売る雑貨店など
らしさのあるショップがたくさん入って目移りしました。
外観のみならず、建物の内部も、商売の内容も「今昔」とか「折衷」で
レトロビルの中でも、内容の豊かさはダントツと思いました。

at 2009年08月24日 19:20
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?