MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›2 10, 2006

アイセル・シュラホール 類設計室

設計・・・類設計室 1994
大阪府藤井寺市藤井寺3-1-20

アイセルシュラホール

アイセルシュラホールとは、大阪府藤井寺市にある考古学・歴史系博物館施設をメインとする生涯学習センターの愛称。正式名称は藤井寺市立生涯学習センター。1994年に開館した。
館名の「アイセル」は、Activity、Information、Consultation、Exchange、Learningの頭文字を並べたもので、「シュラ」は藤井寺市で出土した古墳時代の巨石運搬用轌「修羅」を意味する。館の外観は「船形はにわ」と「修羅」をイメージしてデザインしたものとされる。

アイセルシュラホール アイセルシュラホール
船尾と船首。

アイセルシュラホール アイセルシュラホール

船尾付近の模様は縄文時代をイメージしているのだそうだ。

アイセルシュラホール

ここは船のデッキをイメージしたという。下の写真を見ると分かるのだけど、岩盤を模した物体の上に位置しています。そしてその岩盤の中はカフェ(?)のような休憩スペース。

アイセルシュラホール

藤井寺市と言えば近鉄バッファローズ→藤井寺球場だったのですが、この建物を見るや古墳でも有名であり、それにとても力を入れている事がうかがえます。
この建物のモチーフとなった船形はにわというのは、下のリンクのようなものなんだそうだ。
googleイメージ:はにわ 船形

そして藤井寺球場に変わる新しい藤井寺のシンボル、遣唐留学生「井真成」が今熱い。

関連リンク
藤井寺市>>施設案内
類設計室

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/509
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?