MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›7 01, 2006

ワット・プラケオ

カテゴリー: タイ建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

タイ・バンコク

esasia0201.jpg

1782年、タイのバンコクに建設された王宮は、四方を1,900mの壁に囲まれており、その敷地内にこのワット・プラケオ(別名:エメラルド寺院)がある。この本堂に安置されているエメラルド仏はタイの本尊仏として最も崇められ、仏蛇の教えを信じるたくさんの人々が毎日参拝にやってくる。

esasia0202.jpg

チケット売り場を通り過ぎ、ゲートをくぐってすぐに見えるのがエメラルド寺院の本堂(上の画像)。

esasia0203.jpg
左から:プラ・スイー・ラッタナ・チャーディー、プラ・モンドップ、プラサート・プラテープ・ビドーン。

王宮中、屋根から柱、仏像、何から何まで黄金色だ。マルコポーロの東方見聞録には日本について「黄金の国」と紹介されていたらしいが、もう少し時代が遅ければ、ココが黄金の国になっていたのかもしれない。

esasia0204.jpg esasia0205.jpg

王宮内では肌の露出の多い服では入れない。タングトップやショートパンツの様な服装である。僕はジャージにTシャツそしてサンダルという格好であったが、ジャージを膝まで上げていたため、警備員らしき人に注意された。ショートパンツを穿いていた女性達は一様に、長い布の様なものを腰に巻いていた。おそらく、そういった人達のために貸出しをしていると思われる。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/535
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?