MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›7 09, 2006

ワット・ポー

カテゴリー: タイ建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

タイ・バンコク

esasia0301.jpg

1788年にラーマ一世によって建立された寺院。この寺はタイ王宮(ワット・プラケオ)のすぐ南隣にあり、寝仏寺とも呼ばれ、長さ46m(高さ15m)の巨大な金色の仏像が寝転がっている。境内にある比較的大きな四つの仏塔はラーマ一世から四世の歴代の王様を祀っているものなのだそうだ。
またここはタイ式マッサージの総本山という事で、境内の北東部にあるマッサージ上でマッサージがうけられる。

esasia0302.jpg

寝仏の寝顔。

esasia0303.jpg

地球の歩き方 タイ
横たわっているのは、、悟りを開き、涅槃の境地に達したことを意味している。

仏が足の伸ばすとこんなに大きいとは思わなかった。涅槃の境地に達したこの仏像の表情は、最上の安らぎの表情に違いない。それに比べ奈良東大寺の大仏様は752年からずっと座ったままだ。いつか東大寺を建て直す事があれば、寝れるように横長に大仏殿を造り直しても良いかもしれない。

参考文献:地球の歩き方タイ

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/536
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?