MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›8 06, 2006

バイヨン

カテゴリー: カンボジア建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

カンボジア・シェムリアップ

esasia0401.jpg

バイヨン寺院は、アンコール・トム遺跡を南北と東西に貫く道の交点、アンコール・トムのほぼ中央に位地する。寺は12世紀末に建てられたもので、伽藍は上下左右対称の配置になっている。

esasia0402.jpg

建物の正面にあたる、東側の入口。両サイドを池に挟まれた石畳の道を進む。

esasia0403.jpg

南側、観音菩薩である四面塔がたくさん建ってある。

esasia0404.jpg esasia0405.jpg

シェムリアップ市街からバイクタクシーに乗って約30分。アンコールワットの横を通り過ぎ、まずはアンコールトムに向かった。アンコールトムの南の玄関である南大門を抜け、数分バイクを走らせると、バイヨンが見えてくる。
バイヨンは想像していたよりは小ぶりで、遠くから全体を眺めるように見ると、ただの大きな岩山の様にもみえたりする。

カンボジアでの写真@Flicrスライドショーで見る
関西今昔建築散歩:NOTE:地球散歩Archives

参考文献:地球の歩き方・アンコールワットとカンボジア

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/537
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?