MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›1 13, 2007

ワット・ラーチャブラナ

カテゴリー: タイ建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

タイ・アユタヤー

Wat Ratchaburana

アユタヤーの島の東部にあるゲストハウスが集まるエリアから、そのすぐ南に東西に走るナレースエン通を自転車で約五分ほど西へ走ったところにある。下の写真左の打上げ前のスペースシャトルの様に見える塔がプラーン(クメール式仏塔)と呼ばれるもの。右の背の低い方は礼拝堂らしい。
かつての王が王位継承時に争って亡くなってしまった兄弟を火葬し、その火葬した場所に建てた仏塔なのだそうだ。

Wat Ratchaburana

プラーン(クメール式仏塔)は、塔の先端が丸くなっているのが特徴の一つ。クメール人の国カンボジアのアンコールワットバイヨン等の塔の先端と、どことなく似ている。

参考文献:地球の歩き方 タイ

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL : http://kenchiqoo.net/mt/mt-tb.cgi/546
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?