MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›2 26, 2007

Springtecture B 遠藤秀平

カテゴリー: 滋賀現代建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

設計・・・遠藤秀平 2002
滋賀県長浜市

Springtecture B

この建築は面状の連続帯が螺旋状に進展しながら屋根/壁/床を連続に連鎖する"SPRINGTECTURE"の実現化である。

Springtecture B Springtecture B

旧びわ町(現長浜市)を走る国道から少し入った、街道沿いある建築家遠藤秀平氏のアトリエである。

ここが天井、壁、床とそれぞれを確認していると頭が混乱してくる。
一枚の大きく長いコルゲート銅板が一筆書きで空間を分けているような感じだろうか。
お湯を入れる前のどん兵衛の乾麺のよう。

Springtecture B Springtecture B

旧家が立並ぶ街道沿いの一角にコルゲート銅板が視界いっぱいに曲がっているのが見えた。一瞬スクラップ置き場や、アスレチック広場なのかなと思った。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL :
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?