MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›12 16, 2007

高射砲台跡住宅

カテゴリー: 大阪現代建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

設計・・・不明
大阪府大阪市東淀川区

osaka8901.jpg

戦時中空襲に備え旧陸軍が、淡路、吉野、巽など大阪市内のあちこちに高射砲陣地を作った。頑丈なコンクリートの構造物で、口径7cmの高射砲があったという。戦後まで6基の高射砲台が残っていが、現在は唯一現存する高射砲陣地跡であり、今は住居となっている。
詳しくは、下記の参考リンク参照。

osaka8902.jpg

osaka8903.jpg

参考リンク

大阪DEEP案内:戦争遺跡 西淡路高射砲跡住宅 (2)
路地裏旅行社:「西淡路の高射砲台住居」大阪文明散策ガイドより(1)
大阪日日新聞:今語り継ぐ戦争 59回目の夏

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL :
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?