MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›1 06, 2008

旧台南合同庁舎 台南州土木課營繕係

カテゴリー: 台湾建築 , 近代建築 /
2 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

設計・・・台南州土木課營繕係 1937
台南市中区中正路2-1号

119

日本占領時代の合同庁舍は、当時の消防所、警察会館、錦町警察官吏派出所の所在地でした。
1913年から、民間で力を合わせて作られた義勇消防隊の組織がありました。1919年、日本人がより進んで「公設消防組」を設置し、防火、台風予防の責任を負うだけでなく、秩序を維持する任務もあり、「警察補助機関」であったといえます。1930年、台南州は、現在消防隊のある場所に、消防展望塔を建て、当時台南市で一番高い建築物の一つとして、随時火災の発生を監視することができるようにしました。現在見られる中央の高い塔です。
1937年、高い塔の両側を「合同庁舍」として拡張しました。現在、合同庁舍内には、「台南市消防大隊二分隊」、「保五総隊一大隊五中隊」、「民生派出所」などの機関が入っています。

台鉄台南駅から中山路を通り、最初のロータリーにこの消防署がある。このロータリー付近はこの建物をはじめ、日本統治時代に建てられた建物がたくさん集まっている。
建物中央の展望塔と、その下に大きく書かれた「119」という数字が、とても印象的で可愛らしい。

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL :
コメント

 設計者:台南州土木課營繕係

data from:維基百科(wiki):原臺南合同廳舍

encolpius at 2012年01月24日 03:23

thank you , encolpius ! 

pan-o at 2012年01月25日 21:36
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?