MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›8 12, 2010

大阪富国生命ビル ドミニク・ペロー

カテゴリー: 大阪現代建築 /
0 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

設計・・・清水建設 2010 デザイン監修・・・ドミニク・ペロー
大阪府大阪市北区小松原町2-4 (MAP

R0012160

魅力ある都市景観を創出するために、外観等のデザインには国際的に著名な建築家ドミニク・ペロー氏を起用し、東梅田地区、大阪駅周辺地区における新たなランドマークを表現します。 外観は、一体感のあるガラス面の美しさを追求しつつ、足元には繊細な切り返しの表情を付け、森の「大樹」が空に向かって伸びている姿を表現しています。

R0012154 R0012142

梅田の阪急前交差点の角地に建替えられたフコク生命のビル。ビルの下層部分のデコボコしたファサードが特徴的で、大樹をイメージしているのだそうだ。そのデコボコした表面が光で反射して、まるで木の木漏れ日の様だった。

R0012161 R0012164

梅田の地下街とも接続。待ち合わせや憩いの空間として、地下2階から6層吹き抜けの「フコク生命(いのち)の森」というアトリウム空間がつくられる。大樹ががっつり地下に根をはっている。

フコク生命
☆大阪百科☆ニュース:梅田の富国生命ビル建替

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL :
コメント
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?