MENU » TOPABOUTMAILMAPNOTEFLICKR »

›6 08, 2011

台北市立美術館増築

カテゴリー: 台湾建築 , 博物館・美術館 /
2 件のコメント: コメントを書く / 0件の関連記事

本館設計・・・高而瀋 1983 増築部設計・・・簡學義
台北市104中山北路三段181 (MAP

Taipei Flora Expo 2010

2010年11月から2011年4月にかけて開催されていた台北花博において増築された台北美術館。元々北側にあった正面入口に対して反対側の南側に、カフェコーナー、売店、コインロッカー、そしてちょっとしたギャラリーが設けられている。

Taipei Flora Expo 2010 Taipei Flora Expo 2010

増築部は既存美術館のRCの長方形のデザインを受け継いだガラスの長方形をくっつけたデザインとなっている。本館と増築部の素材の違いから時代を感じさせる、新旧をうまくミックスさせた建築。

Taipei Flora Expo 2010

南の増築部から北側の美術館入口へ続く通路。ガラス張りの明るい採光、斜めにはしる躯体、そして白を基調とした空間がきれい。

Taipei Flora Expo 2010 Taipei Flora Expo 2010

通路には異なったサイズのロッカーがきれいに並んでいる。

Taipei Flora Expo 2010 Taipei Flora Expo 2010

増築部2階にあるカフェ。花博の美術公園エリアを一望できる。

Taipei Flora Expo 2010 Taipei Flora Expo 2010

夜のライトアップの様子。

台北花博の会場は既存の公園や競技場等を利用しておこなわれていて、この美術館もその一つ。花博入場者は無料で美術館の見学も可能でした。行ったときはちょうど「篠山紀信展」がおこなわれていました。

台北花博の様子は以下のフリッカーの花博セットで見れます。
Flickr : Taipei Flore Expo 2010 set

関西今昔建築散歩:台北市立美術館 高而瀋

次へ散歩する
関連記事(TrackBack)
Trackback URL :
コメント

 畸柯設計:簡學義

ENCOLPIUS at 2011年06月08日 10:58

thank you ENCOLPIUS!

pan-o at 2011年06月15日 21:54
この建物にコメントする。










お名前、アドレスを登録して、以後コメントしやすくする?